Web完結で契約まで進められる仙台銀行カードローンは、早い手続きが魅力となります。

教育資金としても借りられる

事業資金や投機資金、その他の浪費といった使い方を除くと、仙台銀行カードローンの資金使途は自由となっています。健全な消費性資金としての利用であればレジャーや趣味の費用としても、その他にも生計費の範囲内であれば資金の使途は細かくは問われていません。

カードローンタイプとなるので限度額内での繰り返しの借り入れの際にも資金使途の都度の申告は必要なく、幅広い用途に便利に利用ができます。当初の目的とは異なる使い道であっても問題は無いので、上記の使途として認められていない内容以外であれは自由に何度でも借りられます。

そのため、普段の生活費としての利用の他にも、教育資金の足しとしても利用ができます。教育ローンを利用するほどではない金額や用途の場合には、仙台銀行でも教育ローンを利用するよりもカードローンの方が便利な場合もあります。

カードローンが適する場合

教育資金として借りる際に、教育ローンよりもカードローンが適するのは繰り返し継続してお金が必要になりそうな場合や、その他の用途にもお金が必要と考えられる場合です。また、教育ローンは基本的に大型のローンとなるので、それほどでもない少額の教育資金の借り入れを考えるにあたってもカードローンは適します。

教育ローンはカードローンに比べると金利に優れており、大きな金額も借りられますが、資金使途の多くは入学金や授業料の支払いなどのまとまった借り入れとなります。対してカードローンはそこまでの大きな金額とはならないので、少額の教育資金を借りるに向くのです。

例えば部活動で必要になる物品の購入などにおいては、教育ローンのような大型のローンを使うまでもありません。カードローンでの借り入れで十分にまかなえる可能性が高いので、Webで契約まで完結ができる仙台銀行カードローンは便利です。

その他、教材の購入などにおいても同様です。わざわざ大型のローンを利用するほどでもない金額を教育資金として借りる場合においては、教育ローンよりもカードローンが良いのです。

資金使途が多岐にわたる場合

教育資金の借り入れが低金利で利用できる教育ローンは、資金使途を明確にする必要があるために申し込み時の資金使途以外には利用ができません。しかし、カードローンであれば幅広い用途に利用ができるため、教育資金に加えて生活費としての借り入れとして利用をしたい場合にも向いています。

自由度の高さや利便性の面では目的ローンとなる教育ローンよりもカードローンが便利であり、困ったときに頼れるのもカードローンとなります。教育資金としての借り入れはもちろんですが、それ以外にもカードローンであれば多くの用途に利用ができるのです。

  • 必要になればすぐ借りられる

カードローンは契約後であればカードを使って素早くすぐに借りられるため、急ぎでお金が必要なときにも助かります。カードを使ってATMで限度額内で借りられる良さがカードローンの特徴で、教育資金としての借り入れに限らず幅広い用途に頼れるのです。

審査基準にも違いがある

カードローンに比べると用途が限定されるために金利が低くなる教育ローンは、借りられれば低負担での返済が進められるようになります。ただし、借りられるかは審査の基準に通過ができるかにかかっており、カードローンよりも金利が低くなる教育ローンは審査基準がカードローンに比べると厳しくなっています。

明確な資金使途が無いと審査に通過をするのは難しく、その他の面に関しても低金利でのまとまった金額を借りるだけの基準を満たさないと利用ができません。カードローンよりも審査や契約に時間がかかりがちな欠点もあるので、急ぎで借りたい場合には教育ローンはどうしても見劣ってしまいます。

これからの教育資金としてまとまったお金が必要で、さらに審査に通過ができると思われるだけの方であればカードローンよりも教育ローンとなりますが、そこまでの金額ではなく急ぎで必要といった場合であれば、仙台銀行でもカードローンの利用による教育資金の借り入れが適しているのです。

トップへ戻る