Web完結で契約まで進められる仙台銀行カードローンは、早い手続きが魅力となります。

消費者金融と銀行の違い

カードローンは消費者金融での借り入れが主として考えられていましたが、最近では銀行のカードローンの人気も高くなってきています。大手銀行や地方銀行の他に、ネット銀行のカードローンも金利面などで優れていると評判です。

借り入れ先を考えるときには消費者金融か銀行かで迷う方もいますが、それぞれの違いについてはあまり理解がされていない場合があります。明確に異なる消費者金融と銀行について、基本的な部分はしっかりと知っておきましょう。

貸金業者となる消費者金融

消費者金融は貸金業者となり、貸金業法による取り決めの下での融資を行っています。年収の3分の1までの貸付となったり、50万円を超える契約や他社との合計で100万円を超える貸付となる際には、収入を証明する書類の提出が必要となるなどです。

一昔前に比べると現在の消費者金融が安心とされるのは貸金業法が改正されたためで、グレーゾーン金利が撤廃されたことや取り立てに関しても厳しく規制がされていることで、消費者金融であっても安心して借りられる環境が整えられていると言えます。

ただ、グレーゾーン金利が無くなったとは言え、消費者金融の金利は銀行のカードローンに比べると高い場合がほとんどです。上限金利での契約となった際には特に金利差が大きくなるので、金利負担を抑えて借りたい方には消費者金融は不向きとなります。

銀行で借りるカードローン

消費者金融ではなく銀行で借りるカードローンは、そのまま銀行での借り入れとなります。貸金業者ではなく銀行での借り入れとなるため、安心感の面で消費者金融よりも大きなメリットがあります。

金利で見ても消費者金融よりも優れている場合が多く、たとえば仙台銀行カードローンにしても上限金利でも年14.5%までですが、消費者金融では大手サービスでも上限金利は18.0%などとなります。上限金利の比較で3.5%もの開きがあるので、利息の負担も大きく変わってきます。

金利負担の違いの他に、消費者金融と銀行の決定的な違いは業種です。消費者金融は上にも挙げたように貸金業者となりますが、銀行は銀行です。そのため、カードローンの貸付においても消費者金融では定められている収入を証明する書類の提出が必要となるラインも、銀行では特に細かな取り決めはありません。

それぞれの銀行や審査を行う保証会社が独自に定めている金額で必要となるので、仙台銀行カードローンでも300万円までであれば収入を証明する書類は原則不要となっているのです。

審査の結果によっては金額問わずに収入を証明する書類が必要となる場合がありますが、仙台銀行カードローンでは原則として300万円までの利用であれば提出は不要となっているのです。

専業主婦の利用にも

銀行のカードローンは専業主婦の利用に対しても向いています。消費者金融では本人が収入を持たないとカードローンの利用を行うのは難しく、一部で専業主婦でも借りられる消費者金融はありますが、配偶者との関係を示す書類の提出や、配偶者の同意や確認が必要となるので手続きがややこしくなります。

対して銀行の場合には、仙台銀行カードローンでも専業主婦の方は同居家族に安定した収入があれば利用ができるようになっているので、特に面倒な多くの書類の提出は不要で手続きが進められます。

本人に収入がないと返済の負担も気になるところで、その面に関しても金利の低さなどで銀行カードローンは適しています。毎月の利息負担や最終的な支払い総額が消費者金融に比べると少なくなるので、余計な利息の支払いを抑えつつカードローンの利用が行えるのです。

トップへ戻る